22nd SPACE DESIGN COMPETITION
「調和した食卓」

modemotion,デザインチームモードモーション

modemotion,デザインチームモードモーション

modemotion,デザインチームモードモーション

 −concept−
人は木々を伐採し、家をつくり街へと進歩し、いつの間にか自然との境界ができている。
それは温度差とも言えるだろう。自然側は冷たく、街側は暖かさを感じる。
この温度差には、家庭という暖かさが関係している。
家庭において最も暖かさを感じるのは、人が集う食卓ではないだろうか。
人は食生活のために、家の中でプライベートから食卓へと向かう動線を無意識に生み出している。
その動線を利用し、ガラスによる自然と家との温度調整を行い、つながりをつくり出す。
ガラスの家が、改めて人の暮らしと自然を一体に調和してくれるだろう。

制作:modemotion